伊藤塾の特長

伊藤塾個別指導大阪

当塾は徹底した個別指導にこだわって、生徒たちを指導してきました。伊藤塾の指導は、塾でありながら、家庭教師よりも個別指導に徹していると自負しています。

 

●あらゆる学校、あらゆるタイプの生徒に対応します

トップクラスを目指す人、学校の授業が全くわからない人、私学に入学したものの授業についていけない人、不登校の人、それぞれの生徒にとって、最良の指導法を考え、改良を繰り返しています。

 

●塾というより、家庭教師をイメージしてください

個別指導といいながら、少人数での一斉指導型の授業を行っている塾もありますが、伊藤塾の3人クラスの授業は、生徒3人に、それぞれ別々の授業を行いますので、家庭教師が生徒3人を一度にみているような形態です。ですから、授業が難しすぎる、やさしすぎるといった心配はありません。

 

●指導経験豊富な塾長が自ら教えます

家庭教師の場合、1対1ゆえに甘さがでたり、担当の先生がバイト感覚の先生で頼りなかったりすることもあるようです。当塾の3人クラスは、他の生徒の視線が程よい刺激になり、適度なライバル意識をもってのぞめる授業です。授業はすべて、アルバイトを使わず、塾長が自ら行います。そのため、受け入れ人数を20名までに限定しています。

 

●授業内容は完全に個別対応しています

塾のテキストを押しつけて、個別指導するのではなく、その生徒にとって、もっとも効率のいい学習をさせることをこころがけています。例えば、平均点がとれない生徒は、学校の授業が消化不良に終わっていることが多いので、教科書、ワークブック、ノート、学校からもらうプリント類を授業で活用し、何度も繰り返して学習させています。また高得点がとれる生徒には、先取り学習を進め、早い時期から入試レベルの力がつくような演習に取り組ませています。

 

●十分な自習席を確保、塾を勉強部屋として使用できます

「塾では勉強するけれど、家では何もしない」といったことをよく耳にします。伊藤塾では、十分な座席数を確保した自習室を設け、毎日塾に通って、学校の課題、塾の課題を確実にこなすことができます。家で課題がこなせない生徒には、自習に来ることを義務づけています。

 

●自習室は単に自習するだけの部屋ではありません

自習室担当の監督指導者がいて、質問に随時答えます。さらに、暗記すべき内容を覚えたかどうかのチェックも、自習監督が行います。単語や漢字、社会の暗記事項など一問一答形式で確認します。

 

●アットホームな雰囲気で生徒のがんばりを応援します

塾には、休憩できるスペースを設けています。長時間、自習室でがんばっている生徒が、休憩や軽食をとれるよう、冷蔵庫、お茶、電子レンジも準備しています。また授業中、ティーブレイクがあり、教える側と学ぶ側の距離を縮める時間として役立てています。

 

●テスト前の勉強にとことん付き合います

当塾では、定期テスト前、入試前になると、子供たちが、自分の限界の時間を勉強に充てて、頑張っています。塾として、この頑張りを全力でサポートしています。テスト前のすべての勉強を塾が付き合います。音楽や技術家庭などの副教科も例外ではありません。

テスト1週間前の日曜日は、朝9時からその日の予定が終わるまで、テスト期間中は、2時からやはり予定が終了するまで付き合っています。

「後は宿題にするから家でやっておくように」「宿題していなかったから、点数が悪かったでしょ」という対応はとっていません。特に勉強がしんどい生徒ほど、どこでどれだけの時間を要するか計り知れません。ですから、塾で全部頑張ってもらい、その様子をみて、やり方、覚え方のまずいところを注意したり、量を加減したりしています。